概 要
分 類
構成要素
・一覧表( 五十音順 部位別
イラスト一覧
関節と靭帯一覧
 

  可動性の関節は「狭義の意味」での関節で、いわゆる、骨と骨が相対して動く部分で、我々が普段から「股関節」とか「膝の関節」などのように認識している体のいたるところに存在するが、約60%が手と足に存在していると言われ、その総数は約260~270ほどとなる。

 


関節は、その可動の仕方により以下のように大きく3つに分けることができる。

・1軸性関節:1つの軸のみを中心として動く関節(蝶番関節螺旋関節車軸関節

・2軸性関節:直交する2つの軸を中心に動く関節(楕円関節顆状関節鞍関節

・多軸性関節:3軸以上を中心として動く関節(球関節平面関節半関節臼状関節

 

運動軸の分類

形状の分類

1軸性関節

1

蝶番関節 

(チョウツガイカンセツ)

指節間関節,肘関節

2

螺旋関節 

腕尺関節,距腿関節,膝関節

3

車軸関節 

橈尺関節,正中環軸関節

2軸性関節

4

楕円関節

橈骨手根関節

5

顆状関節 

環椎後頭関節,顎関節,距骨下関節

6

 鞍関節  

第1手根中手関節,胸鎖関節

多軸性関節

7

 球関節  

肩関節,腕橈関節

8

平面関節

椎間関節,肩鎖関節,手根間関節,

足根間関節

9

半関節

 

仙腸関節

10

臼状関節

 

球関節の一種

股関節

 

 

名  称

備      考

1

骨 膜

骨を覆う繊維性の強靭な膜

2

関節腔

関節を構成する骨と骨の間にある隙間のことで、滑液が入っている。

3

関節滑液包

大きな関節においては滑膜が滑液を含んだ状態で関節包の外側へ飛び出すことがある。これを関節滑液包と呼ぶ。

4

関節軟骨

関節を構成する骨と骨の間に存在するスポンジのような弾力性のある組織で、クッションの働きをしている。

5

関節窩

相対する骨の端の凹面の部分

6

関節包

骨膜に続いて関節を覆う結合組織で、外側の繊維膜と内側の滑膜という2層からなる。

7

滑膜ヒダ

滑膜が関節腔内に突出したもの。 ⇒ 詳細ページ

8

滑 膜

関節を覆う弾力性のある膜で血管に富み、滑液を分泌している。 ⇒ 詳細ページ

9

関節頭

相対する骨の端の凸面の部分

10
関節を完全に二分している線維性の板 
11
関節腔を満たしている液体 ⇒ 詳細ページ