披裂軟骨 ( ひれつなんこつ、 英:arytenoid cartilage )

 

 ・(披裂軟骨)底 : 披裂軟骨の下面にあたり、(輪状軟骨)板と接続する関節面を有する。

            また、2つの突起(筋突起声帯突起)を有する。

            筋突起に付着する筋 : 披裂筋の一部、外側・後輪状披裂筋

 ・(披裂軟骨)尖 : 内側後方へ突出して小角軟骨と関節している。

 ・内側面 : 平滑で喉頭の内腔に面している。

 ・前外側面 : 弓状稜という隆起を有し、その上端の突起を小丘という。

         最下部は陥凹し楕円窩と呼ばれる。また、上方には三角窩という深い窪みがある。

披裂・小角軟骨

(前外側面)

披裂・小角軟骨

(内側面)

披裂・小角軟骨

(後面)

喉頭軟骨

 

以下は喉頭軟骨を簡単に表した一覧となる。

 

以下は「 日本人体解剖学 」の解説文となる。

「 硝子軟骨に属し、有対性である。(輪状軟骨)板の上外側角にのる左右1対の軟骨で、その位置の変化が声門の形、声帯の緊張度に直接影響するので、発声に最も重要な関係を持つ。三角錐状を呈し、これに尖・底および内側面・前外側面・後面の3面を区別する。(披裂軟骨)底はその下面の関節面で(輪状軟骨)板と関節し、その外側方及び前方に突起を出す。外側方のものを筋突起といい、鈍円な短い小さな突起で、披裂筋の一部、外側・後輪状披裂筋が付着する。
 前方のものを声帯突起といい、小さな突起で、喉頭腔中に突出し甲状軟骨との正中部との間に声帯靭帯が張る。(披裂軟骨)尖は内側後方へ突出して小角軟骨と結合する。
内側面は喉頭の内腔に面して平滑である。前外側面には弓形の隆起があり、弓状稜といい、その上端の小さな突起を小丘という。この面の最下部は陥凹し、楕円窩といい声帯筋が付着する。この上方にも深い小窩があり、三角窩という。 」

 

また「Wikipedia」では以下のように解説している。

 The arytenoid(/ærɨˈtnɔɪd/)cartilages are a pair of small three-sided pyramids which form part of the larynx, to which the vocal folds (vocal cords) are attached. These allow and aid in the vocal cords' movement.
 Each is pyramidal or ladle-shaped in form (arytenoid comes from Greek arytaina meaning ladle + eidos, meaning form),[2] and has three surfaces, a base, and an apex.


Structure
【Surfaces】
 The posterior surface is a triangular, smooth, concave, and gives attachment to the Arytænoidei obliquus and transversus.
 The antero-lateral surface is somewhat convex and rough. On it, near the apex of the cartilage, is a rounded elevation (colliculus) from which a ridge (crista arcuata) curves at first backward and then downward and forward to the vocal process. The lower part of this crest intervenes between two depressions or foveæ, an upper, triangular, and a lower oblong in shape; the latter gives attachment to the Vocalis muscle.
 The medial surface is narrow, smooth, and flattened, covered by mucous membrane, and forms the lateral boundary of the intercartilaginous part of the rima glottidis.

【Base and apex】
The base of each cartilage is broad, and on it is a concave smooth surface, for articulation with the cricoid cartilage.

 Its lateral angle is called the muscular process

 Its anterior angle is called the vocal process

 The apex of each cartilage is pointed, curved backward and medialward, and surmounted by a small conical, cartilaginous nodule, the corniculate cartilage.


【Function】
 They allow the vocal folds to be tensed, relaxed, or approximated.
The arytenoids articulate with the supero-lateral parts of the cricoid cartilage lamina, forming the cricoarytenoid joints at which they can come together, move apart, tilt anteriorly or posteriorly, and rotate.

 

【 語 句 】

・ larynx:喉頭  ・vocal folds:声帯ヒダ ・ladle:ひしゃく  ・concave:凹面の ・Arytænoidei obliquus:斜披裂筋 ・Arytænoidei transversus:横披裂筋 ・convex:凸状の  ・colliculus:丘 ・crista arcuata:弓状稜 ・vocal process :声帯突起 ・intervene:入り込む、挟まる  ・fovea :中心窩 ・oblong :長方形、楕円形  ・vocalis muscle:声帯筋 ・mucous membrane:粘膜  ・intercartilaginous:軟骨間 ・rima glottidis:声門裂 ・ articulation:関節  ・cricoid cartilage:輪状軟骨 ・muscular process:筋突起 ・surmount:上に置く  ・conical:円錐 ・nodule:団塊  ・corniculate cartilage:小角軟骨 

 

■ 写真やイラストを掲載しているサイト ■

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅰ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅱ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅲ

・ イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅳ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅴ