上後鋸筋 ( じょうこうきょきん、英:serratus posterior superior muscle )

 

概 要
作 用
イラスト掲載サイ
 
イラスト
神経 / 脈管
 
 
起始 / 停止
Wikipedia
 
 

 

 

   

 

 ・ 「 肩甲骨の高さにあって、内側上方から外側下方へ斜めに走る薄い筋 」 ( 日本人体解剖学

 

   

 

  ・ 筋連結 : 僧帽筋  ・小菱形筋

 

         

 

 

【 起 始 】 : 第6頸椎から第2胸椎棘突起、 項靭帯      

【 停 止 】 : 第2から第5肋骨肋骨角 の外側

 

   

 

 第2から第5肋骨を拳上させる。

 

 ・ 神 経 : 第2から第4 肋間神経 (T2,T3,T4)

 ・ 脈 管 : 肋間動脈の背枝

 

 
 

 

 The serratus posterior superior muscle is a thin, quadrilateral muscle. It is situated at the upper back part of the thorax, deep to the rhomboid muscles.


【 Structure 】

 The serratus posterior superior muscle arises by an aponeurosis from the lower part of the nuchal ligament, from the spinous processes of C7T1T2, and sometimes T3, and from the supraspinal ligament.[2] It is inserted, by four fleshy digitations into the upper borders of the secondthirdfourth, and fifth ribs past the angle of the rib.[2]


【 Function 】
 The serratus posterior superior muscle elevates the second to fifth ribs.[citation needed] This aids deep respiration.

 

【 語 句 】

・ quadrilateral : 四辺形の  ・ thorax : 胸郭  ・ rhomboid muscles : 菱形筋  ・ aponeurosis : 腱膜  ・ nuchal ligament : 項靭帯  ・ spinous processes : 棘突起  ・ supraspinal ligament : 棘上靭帯  ・ fleshy : 肉質の  ・ digitations : 指状突起  ・ angle of the rib : 肋骨角  ・ respiration : 呼吸  

 

 

 ・ イラストを掲載しているサイト-Ⅰ

 ・ イラストを掲載しているサイト-Ⅱ

 ・ イラストを掲載しているサイト-Ⅲ

 ・ イラストを掲載しているサイト-Ⅳ