主動筋 ( しゅどうきん、 英:agonist

 

 筋肉運動の際にメインとなって働く筋肉のことで、主動作筋主力筋とも呼ばれる。

 

【もっと詳しく】

 例えば肘関節の屈曲させる場合、メインとなって収縮する筋肉は、上腕ニ頭筋上腕筋腕撓骨筋の3つなので、「肘関節く屈曲」の主動筋は上記の3つの筋肉となる。それとは逆に、上腕三頭筋肘筋は伸展をするので、拮抗筋ということになる。

 

以下、ウィキペディアを元にして作成

部 位
動 作
主 動 筋
拮 抗 筋

屈曲(前屈)

※逆は「伸展(後屈)」

・板状筋 ・脊柱起立筋 

後頭下筋 短背筋

屈曲(前屈)

※逆は「伸展(後屈)」

・腹直筋 ・外腹斜筋 ・内腹斜筋
・長背筋 ・短背筋
上肢帯

拳上

※逆は「下制」

外転(屈曲)

 

上方回旋

※逆は「下方回旋」

屈曲(前方拳上)

※逆は「伸展(後方拳上)」

外転(側方拳上)

※逆は「内転」

・大胸筋(腹部) ・大円筋 ・広背筋

外旋

※逆は「内旋」

・肩甲下筋 ・大円筋

水平屈曲(水平内転)

※逆は「水平伸展(水平外転)」

内転90°までは

三角筋(前部) ・大胸筋 ・烏口腕筋

・三角筋(中部・後部) ・棘下筋 ・小円筋
前 腕

回外

※逆は「回内」

屈曲(掌屈)

※逆は「伸展(背屈)」

橈屈

※逆は「尺屈」

・尺側手根屈筋 ・尺側手根伸筋

屈曲

※逆は「伸展」

外転

※逆は「内転」

外旋

※逆は「内旋」

伸展

※逆は「屈曲」

外旋

※逆は「内旋」

屈曲(背屈)

※逆は伸展(底屈)

内がえし(回外+内転+底屈)

※逆は「外がえし(回内+外転+背屈)」

・後脛骨筋 ・長趾屈筋
足 趾

屈曲

※逆は「伸展」

 

【参考にしたサイト】

ウィキペディア