側頭面 (そくとうめん、英:temporal surface

 

 頬骨の「」が有する3つの面の1つで、側頭窩の前壁となる面。後面とも。

【もっと詳しく】

日本人体解剖学 (上巻) 」には以下のような解説が見られる。

「側頭窩の前壁を形成する。後内側方に向かって凹面を呈する。 頬骨側頭孔が開いている。」

 

 上記のイラスト(左側)では、頬骨の内面の骨梁の後部を全て(側頭骨との接合部を除く)赤色で記している。ただ、頬骨の詳細の解説ページでは、頬骨を大きく「体」と「突起」に分けて、「体は3面を有する」と解説している。(実際に、「船戸和弥のホームページ」などにもそのような解説が見られる)つまり、それで言うと、「突起」の部分は面に含めないことになり、上のイラストの赤色で示した部分とは異なることになる。今のところどちらが正しいのか答えは見いだせていない。

 

【イラスト・写真を掲載しているサイト】

頬骨の内側の写真を掲載しているサイトⅠ

頬骨の内側の写真を掲載しているサイトⅡ

頬骨の内側のイラストを掲載しているサイトⅠ(要スクロール)

頬骨の内側のイラストを掲載しているサイトⅡ

側頭窩の写真を掲載しているサイトⅠ

側頭窩の写真を掲載しているサイトⅡ