小角結節 ( しょうかくけっせつ、 英:corniculate tubercle )

 

喉頭(後部)

披裂軟骨(前外側面)

・小角軟骨

     

以下は「Wikipedia」の解説文となる。

 The laryngeal inlet  is bounded, in front, by the epiglottis; behind, by the apices of the arytenoid cartilages, the corniculate cartilages (forming the corniculate tubercle when mucosa covered), and the interarytenoid notch; and on either side, by a fold of mucous membrane, enclosing ligamentous and muscular fibers, stretched between the side of the epiglottis and the apex of the arytenoid cartilage; this is the aryepiglottic fold, on the posterior part of the margin of which the cuneiform cartilage forms a more or less distinct whitish prominence, the cuneiform tubercle.

【 語 句 】

・inlet:入口  ・epiglottis:喉頭蓋 ・apices:apex(頂点)の複数形  ・arytenoid cartilages:披裂軟骨 ・corniculate cartilages:小角軟骨  ・mucosa:粘膜 ・interarytenoid notch :披裂間切痕  ・ fold:ヒダ ・ mucous membrane:粘膜 ・ aryepiglottic fold:披裂喉頭蓋ヒダ  ・cuneiform cartilage :楔状軟骨 ・whitish:白っぽい  ・ cuneiform tubercle:楔状結節 

 

■ 写真やイラストを掲載しているサイト ■

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅰ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅱ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅲ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅳ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅴ