卵円孔( 頭蓋 ) ( らんえんこう、 英 : foramen ovale )

 

 卵円孔とは

  

 ・ 胎児期 (fetal period) において左右の心房をつなぐ孔も卵円孔といい、出生後は卵円窩として痕跡を残す。

  

 以下が卵円孔を通過する脈管および神経となり、「 Wikipedia 」を参考に作成したものとなる。資料によって通過する脈管および神経に違いが見られる。「 日本人体解剖学 (下巻) 」では「三叉神経第3枝(下顎神経)を通す」とごく簡単に解説しているだけとなる。

  神 経 : 下顎神経三叉神経、第3枝 )、三叉神経運動根 ( motor root )、

      小錐体神経舌咽神経の枝の1つ )

  動 脈 : 副硬膜動脈 / 枝中硬膜動脈の枝 )

  静 脈 : 導出静脈( 卵円孔静脈叢のこと? )、中硬膜静脈( 時折 )

 ※ 中硬膜静脈/動脈に関しては、「 日本人体解剖学 (下巻) 」では「( 中硬膜静脈は )中硬膜動脈とともに棘孔を通り」という解説が見られる。

 

 以下は「 Wikipedia 」の解説文の一部となる。

「 In newborn, the foramen ovale is about 3.85 mm and in the adults about 7.2 mm in length. The average maximal length is about 7.48 mm and its average minimal length is 4.17 mm in the adult. The width extends from 1.81 mm in the newborn to 3.7 mm in adults. 」

 

 以下は「 Wikipedia 」には以下のような解説が見られる。

「 In a study conducted on 100 skulls, the foramen ovale was divided into 2 or 3 components in 4.5% of the cases. 」

 

内頭蓋底

外頭蓋底

蝶形骨(上麺)

内頭蓋底

・以下は「 Wikipedia 」の解説文となる。

「 At the base of the skull, the foramen ovale ( Latin: oval window ) is one of the larger of the several holes (the foramina) that transmit nerves through the skull. The foramen ovale is situated in the posterior part of the sphenoid bone, posterolateral to the foramen rotundum.

【 structure 】

The foramen ovale is an opening in the greater wing of the sphenoid bone. The foramen ovale is one of two cranial foramina in the greater wing, the other being the foramen spinosum.  The foramen ovale is posterolateral to the foramen rotundum and anteromedial to the foramen spinosum. Posterior and medial to the foramen is the opening for the carotid canal.

【 語 句 】

foramen rotundum : 正円孔  ・sphenoid bone : 蝶形骨  ・cranial : 頭蓋の  ・ greater wing : 大翼 

foramen spinosum : 棘孔  ・ carotid canal : 頚動脈管 


Variation
Similar to other foramina, the foramen ovale differs in shape and size throughout the natural life. The earliest perfect ring-shaped formation of the foramen ovale was observed in the 7th fetal month and the latest in 3 years after birth, in a study using over 350 skulls.[2]
In a study conducted on 100 skulls, the foramen ovale was divided into 2 or 3 components in 4.5% of the cases. The borders of the foramen in some skulls were also irregular and rough.  This may suggest, based on radiological images, the presence of morbid changes, which might be the sole anatomical variation in the foramina ovalia of humans.[3]
In newborn, the foramen ovale is about 3.85 mm and in the adults about 7.2 mm in length. The average maximal length is about 7.48 mm and its average minimal length is 4.17 mm in the adult. The width extends from 1.81 mm in the newborn to 3.7 mm in adults.[2][4]

【 語 句 】

・ fetal : 胎児の  ・radiological : 放射線学の  ・ morbid : 病的な  ・ sole : ただひとつの、単独の 

 

【 structures passing through 】

 The following structures pass through foramen ovale:

 

【 参考になるサイト 】

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅰ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅱ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅲ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅳ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅴ