甲状軟骨 ( こうじょうなんこつ、 英:thyroid cartilage )

 

・右板と左板は短い板状で4つの縁と2つの面を区別することができる。

 前縁 : 短い。

 後縁 : 厚くて長く、上下に突出し、上の突出を上角、下のものを下角という。

 上縁 : 正中線には深い上甲状切痕がある。

 下縁 : 正中線には浅い下甲状切痕がある。

 内面 : 一般的に平滑で狭く凹面を呈し、声帯が付着する一対の結節を有する。

 外面 : 後上方から前下方に走る斜線があり、上甲状結節下甲状結節を有する。

     「上甲状結節の近くにはしばしば上喉頭動脈・静脈・神経を通す甲状孔がある」(日本人体解剖学)

     ※「Rauber-Kopsch解剖学」では「甲状軟骨孔」という呼称になっている。

以下は喉頭軟骨を簡単に表した一覧となる。

以下は「 日本人体解剖学」の解説文となる。

「硝子軟骨に属し、無対性である。咽頭軟骨のうちでもっとも大きく、喉頭蓋軟骨と輪状軟骨の間にあって、喉頭前壁の大部分を形成する。右板と左板からなり、この両板は正中線で合して角を作る。これを前角といい、皮下に喉頭隆起として触れ、成人の男では鋭角に突出する。左板と右板は短い板状で、上縁・下縁・前縁・後縁と内面・外面を区別する。
 前縁は短く、後縁は厚くて長く上・下に突起を出し、それぞれ上角および下角という。上角は長くて上後内側方に向かい甲状舌骨靭帯によって舌骨と連なり、下角は上角よりも短く下前方に向かい、その内面に輪状軟骨の甲状関節面に対する輪状関節面がある。
 上縁の正中線には深い切痕があり上甲状切痕という。下縁には浅い切痕があり、下甲状切痕という。内面は一般に平滑で狭く凹面を呈し、甲状切痕の上方(♂8.5㎜、♀6.5㎜)で正中線の両側に声帯が付着する1対の小結節が並ぶ。外面には後上方から前下方に走る斜線があり、その上端は上甲状結節、下端は下甲状結節となり、斜線には胸骨甲状筋甲状舌骨筋および下咽頭収縮筋が付着する。また、上甲状結節の近くにはしばしば上喉頭動脈・静脈・神経を通す甲状孔がある。」

 

また「Wikipedia」では以下のように解説している。

「 The thyroid cartilage is the largest of the nine cartilages that make up the laryngeal skeleton, the cartilage structure in and around the trachea that contains the larynx.
【Structure】
 It is composed of two plate-like laminae that fuse on the anterior side of the cartilage to form a peak, called the laryngeal prominence. This prominence is often referred to as the "pomus Adami"or "Adam's apple". The laryngeal prominence is more prominent in adult male than female because of the difference in the size of the angle: 90° in male and 120° in female.
 The lip of the thyroid cartilage just superior to the laryngeal prominence is called the superior thyroid notch, while the notch inferior to the thyroid angle is called the inferior thyroid notch.
 Its posterior border is elongated both inferiorly and superiorly to form the superior horn of thyroid cartilage and inferior horn of thyroid cartilage.
Thyroid cartilage
【Layers and articulations】
 The two laminae that make up the main lateral, surfaces of the thyroid cartilage extend obliquely to cover either side of the trachea. The oblique line marks the superior lateral borders of the thyroid gland.
 The posterior edge of each lamina articulates with the cricoid cartilage inferiorly at a joint called the cricothyroid joint.
 Movement of the cartilage at this joint produces a change in tension at the vocal folds, which in turn produces variation in voice.
 The entire superior edge of the thyroid cartilage is attached to the hyoid bone by the thyrohyoid membrane.
【Function】
 The thyroid cartilage forms the bulk of the anterior wall of the larynx, and serves to protect the vocal folds ("vocal cords"), which are located directly behind it.
 Changing the angle of the thyroid cartilage relative to the cricoid cartilage changes the pitch.
 It also serves as an attachment for several laryngeal muscles.」

【 語 句 】

・trachea:気管  ・larynx:喉頭 ・laminae:薄膜  ・laryngeal prominence:喉頭隆起 ・superior thyroid notch:上甲状切痕  ・inferior thyroid notch:下喉頭切痕 ・superior horn:上角  ・inferior horn:下角 ・oblique line :斜線  ・thyroid gland:甲状腺 ・cricoid cartilage:輪状軟骨  ・cricothyroid joint :輪状甲状関節 ・vocal folds:声帯ヒダ  ・hyoid bone:舌骨 ・thyrohyoid membrane:甲状舌骨膜  

 

■ 写真やイラストを掲載しているサイト ■

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅰ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅱ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅲ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅳ

イラストや写真を掲載しているサイト-Ⅴ